受験や大学の単位認定にも使われ始めているTOEICの点数

man-213725
今まで英語ができることが日本社会においてはステータスですが、それが次第に当たり前になり、できないことがデメリットになりつつある、という点には以前触れました。

企業もですが、日本の大学および大学院にもその風潮は現れており、すでにいくつかの大学院がTOEICスコアをもって英語の試験を免除したり、あるいは大学によっては単位認定するところがあります。

今回は『学生とTOEIC』といった切り口でまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

大学院入試のTOEIC

大学院入試に英語を設けてある大学院は、TOEICの点数をもって英語試験を免除する研究科があります。全部は掲載できませんが、一部主要なところを抜粋して掲載いたしますので参考にしていただければと思います(※TOEIC公式ホームページ参照)

〈国公立大学院(修士試験)〉

  • 首都大学東京
    国際社会科学府 730点(英語試験免除)
  • 横浜国立大学
    国際開発研究科 730点(英語試験免除)
  • 大阪大学
    経済学研究科 800点(英語試験免除)
  • 名古屋大学
    国際開発研究科 730点(英語試験免除)

また、これらとは別に、九州大学、京都大学、東北大学などが『合否判定基準の一部』にあてると明記しており、入社試験と同様、やはり最低でも600以上あったほうが望ましいのは明らかです。

〈私立大学院〉

  • 上智大学 
    法学研究科 800点(英語試験免除)
  • 早稲田大学 
    人間科学研究科 730点(英語試験免除)
  • 東京理科大学
    経営学研究科 650(英語試験免除)
  • 青山学院大学
    国際政治経済学研究科 730点(英語試験免除)

国公立と同じく、他にも法政、同志社、関西大学などがTOEICの点数を『合否判定基準の一部』に加えます。一発勝負の入試とは違って、TOEICは何度でも受けることが可能ですので、こうした大学院を受ける際には大きなメリットとなります。

大学入試のTOEIC

TOEICホームページによると、約750の大学に調査を行った結果、約350の大学がなんらかの形でTOEICスコアを活用している、という結果がでています(約47パーセント弱)。

基本的にはAO入試や推薦入試などの条件に課している私立大学が非常に多いようで、ここには書ききれませんのでミッション系の大学の例を少しだけあげておきます。

ミッション系の中でも主に英語をメインで扱うような学科ですので、他と比べると基準が少し高めですが、そのほかの学科などでは500~700点程度を要求されることが多いようです。

  • 青山学院大学
    国際政治経済学部 730点(出願要件の一部)
    英米文学科(自己推薦) 730点(出願要件の一部) 
  • 上智大学 
    英語学科 700点(出願要件の一部)

TOEICのスコアによって単位認定を行っている大学

これに関しても入試の単位認定と同様、750のサンプルのうち約350の大学がTOEIC試験結果をもって単位認定をしている、という結果が得られています。

例えば、大妻大学の文学部では、900点で単位6、700点で単位4と書かれています。正直、半年間授業に通い続けて単位を6もらう労力と、TOEICで900点をとって単位6もらう労力とでは、おそらく人によって違うのでしょうが、後々就職の際に有利になることを考えたら、単位認定されながらTOEICを向上させるのもいい方法かもしれません。

ちなみに、私の大学では、このTOEICホームページの公式サイトには載っていませんでしたが、800とれば英語の単位が免除されて、以後の授業に出なくていいという画期的なシステムでした笑

university-105709

在学中にTOEICは取得しておくべきか

これは当然『YES』と言えます。社会に出てからは、大学のバイトやサークルに明け暮れる時間の何倍も時間が足りませんので、多少つらくても大学在学中にとっておくほうが良いでしょう。

また、前回まとめたとおり、TOEICの試験結果が就職に大きく影響してきますので、これがいわば自身の将来の運命を分けることになるかもわかりません。

もちろん、最初から猛烈に詰め込んだり、一夜漬けをするような必要は全くなく、毎日30分でもいいので続けていくだけでかなりの成果が表れます。試験前の半年で、大学4年間×毎日30分の勉強時間を取り戻そうとしたら、毎日4時間も勉強しなくてはならなくなってしまいます。

スポンサーリンク

2 Responses to “受験や大学の単位認定にも使われ始めているTOEICの点数”

  1. 匿名 より:

    大学院試験は四年の終わりではないですから毎日30分やってもその時間には届きませんね

    • Youngman より:

      厳密に言えばそうですね。
      目安になればということで、厳密には計算してませんので、細かなところが気になるようでしたら、ご自身で計算お願いします。

コメントを残す



このページの先頭へ