TOEIC600点に達してからが本番!そこからの英会話攻略法

英会話を始める前に最低限の英語力を身に着けておいた方が良い、という意見は度々耳にしますが、実際にどれくらいをもって英会話の基礎英語力がある、と見なされるかは人によってまちまちです。

TOEIC500点程度でもいいという人もいれば、700点くらい必要だ、という人もいます。もっとも、例えば私が今からまったく見ず知らずのアラビア語を学びに、現地の語学学校に通うとしても不可能ではありません。

あくまでもその後の効率の問題ですので、実際には500点程度でも「俺は実践型なんだ」という人は英会話を並行していっても問題ないと思います。

英語の基礎が身についた後の方法

TOEIC600点を目指す具体的な方法論に関しては、点数別勉強法の600点の項目を参照していただければと思います。

なので、例えば900点をとれる人と600点の人とで一体何が違うのかと問われれば、つまるところTOEICに関していえば『速度』というファクターが大きな要素を占めます。

今回以降は、主にTOEICで600点程度の英語の基礎学力が身についたと仮定したうえでの、英会話の勉強方法について述べていきたいと思います。

さて、世の中の様々な英会話勉強方については以前コストパフォーマンスを絡めて比較を行いました。個人的にはレアジョブとYouCanSpeakを組み合わせたやり方が効果的で、かつ留学などと比較すると格段にお得ですのでお勧めです。

インプット型とアウトプット型の教科を比較してみると、アウトプット型の問題点は相手が必要なことが多いため、語学学校(教室)やオンライン教材などに頼らざるを得なくなり、結果費用がかさむ点です。

基本的には、以下のスキームで勉強を進めていくことによってTOEICと英会話の双方のスキルアップにつながります。

  1. TOEICで600点程度の基礎英語力を身に着ける
  2. 英会話の勉強を行う
  3. 長期的に役立つ英語力が身につく(TOEICの点数も向上する)

なぜこのスキームにつながるのかという理由を少し見ていきましょう。

1.TOEICで600点程度の基礎英語力を身に着ける

このTOEIC600点を目指す理由については以前の記事でまとめましたが、別にTOEICでなくてもTOEFLでもケンブリッジでも英検でも構わないのですが、ある程度の英語力(特に読解力)が身についていないと、英会話を始めても伸び悩むというデメリットがあるからです。

これは少し早い英語のリスニングなどをしてみれば明らかなのですが、要するに我々日本人が英語を理解する際には、基本的には物を読むスピードで脳が英語を処理できる、と考えてください。

ですので、一文や一パラグラフに1分も2分もかかっているようでは、CNNのラジオにはついていくことができません。そうした『速読』的要素をふんだんにそろえたテストがTOEICですので、最低でも600点程度のスコアを獲得しておいた方が、英会話の勉強を始めるにあたってストレスなく始められるはずです。

2.英会話の勉強を行う

さて、続いて重要になってくるのがこの『英会話の勉強』です。これは『手段』であっても『目的』であっても構いません。

どういうことかというと、TOEIC900点以上を目指すために英会話の勉強をすることも有効ですし、TOEICではなく英語を話せることを最終目標に据えるのでも問題ないということです。

このブログの根本的な処として何度か述べていますが、英語の向上には『スピーキング』『リスニング』というインプット型のスキルに加え『スピーキング』『ライティング』というアウトプット型のスキルが必要になります。

これら4つをバランスよく行うことで、英語力の向上成果が大きく見込めるのですが、日本の中学高校までの教育では、基本的にはインプット型に重点を合わせすぎてしまっていますので、効率は悪いといえます。

3.長期的に役立つ英語力が身につく(TOEICの点数も向上する)

最後のこれは、スキームというより到達点なのですが。要するに上述の『1.TOEICで600点程度の基礎英語力を身に着ける』『2.英会話の勉強を行う』の順番で行うことによって、長期的な英語力は100パーセント向上します。

長期的に、というのは単に試験で役立っておしまい、というだけでなく、自転車の乗り方と同じように『英語を理解する仕組み』を脳がインプットしてくれますので、半年やそこいら英語に携わらなくてもふりだしに戻ることがなくなるのです(多少は単語力など落ちますが、すぐに取り戻せます)。

また、英語の勉強はTOEICで満点を取っておしまい、というわけではありません。日本語と同じようにプレゼンテーションや商品説明がしたければさらに自己研鑽しなくてはいけませんし、映画などを全て理解するにもまだまだ時間が必要です。

こうした、いわば『TOEICのその先』にある英語力を見据えるのであれば、やはり『基礎』それから『会話力』という順番ですすめて、英語の土台をしっかりと固めてしまった方がよいでしょう。

英会話を勉強する方法

『手段』として活用するにせよ『目的』として活用するにせよ、英会話が重要であることは理解いただけたかと思います。これからこのカテゴリでは主に英会話の勉強方法について触れていきたいと思います。

おすすめのやり方としては以前紹介した『レアジョブ』+『YouCanSpeak』の合わせ技がありますが、当然勉強方法の良し悪しはその人の特性によるところが大きいです。

学校を中退した友人が、バイトでお金を貯めてイギリスに語学留学をしたら半年で英語がペラペラになって、大検を受けなおして大学に合格したような話もありますし、万人が万人、上記のやり方が適しているかと言われるとそうでもありません。

留学のようなお金と時間のかかる手段は人を選びますが、他にもやはり『対面』して英会話を学びたい、という人には国内の英語語学学校がありますし、高くてもいいからしっかりとした文法を教師に教わりたい、という人にはネイティブ専門のオンライン英会話塾もあります。

こうした英会話習得のための取捨選択は、人の性格や金銭事情によるところが大きいですので、やはり様々な選択肢が用意されていた方がよいでしょう。ただ単に一つや二つ、英会話の教材を試してみて『肌に合わない』と突っぱねてしまうのは少し早計です。

かといって、全部の英会話教材を試してみるお金や時間の余裕が無いのも事実です。多くのオンライン教材や語学学校は、体験講座なども用意していますが、それを受講するにせよ時間と手間がかかることには変わりありません。

今カテゴリでは、極力手広く英会話の勉強方法に触れていきますので、参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ