ここまで来たらあと一歩!TOEIC800点からの900点までの一押し

note-376397_1920

英語学習者にとってTOEIC800点は一つの目安といえると思います。

というのも、800点を越えると以下のように読める新聞、聞けるラジオや会話などの幅が広がり『机に向かっての勉強』というよりは『英語を愉しむ』ことができるようになるからです。

800点を超えると、自力で読める新聞や書物、聴いて理解できるラジオなどが増えてきます。このレベルまでくると、TOEICのための勉強、というより英語の新聞などを読んで自身の仕事にも生かせるため、勉強方法の幅が格段に広がります。

今回はTOEIC800点から900点を目指すための勉強方法についてです。

スポンサーリンク

TOEIC800点と最終目的

TOEICのホームページによると、TOEIC800点は英語のインプットレベルとしては十分なので、あとはアウトプット(つまりTOEIC SW)を鍛えましょう、と書かれています。

確かにTOEIC800点レベルあれば読めるもの、聞けるものは増えますが、かといってラジオが完璧に聞き取れるわけでもありませんし、洋書が文庫本のように気軽に読めるわけでもありません。

ここからのモチベーションは『何を最終目的に据えるのか』によってきます。例えば、仕事上の評価や海外赴任最低条件をもとめるのであればTOEIC800点はかろうじて達している水準といえます。

大体は700~800点程度が海外赴任の最低足きり条件だと思っていただいていいでしょう。やはり、海外で海外の企業を相手に活躍する社員、というものは夢がありますし、多くの新入社員が憧れものだと思います。

また、海外の大学院留学や、あるいは海外の職場で初日からばりばり英語を話したり、完璧なテキストの訳をもとめられる状況にいるのであれば、800点はてんで不足しているといえます。

個人的には、CEFRという言語をA1~C2までのレベルに表した、海外の言語指標がもっとも外国語のレベルをはかるのに簡単で適したものだと思っています(C2はたびたび省略されます)。

以前SWのところでまとめましたが、以下のような相関関係になっています。

  • C1 約950点
  • B2 約790点
  • B1 約550点
  • A2 約225点
  • A1 約120点

このうち会社や大学の講義についていけるレベルは『C1』と言われています。

英語だけではなく、あらゆる主要言語に用いられている指標で、一般的にB2~C1レベルになるとビジネス、学業に利用できる精通度合いを意味します。

もちろんTOEICはインプットのレベルをはかるものですので、流暢に英語で会話ができるか、といったら別問題ですが、少なくとも資料や、相手の言っていることを聴くための最低条件として、TOEIC950点くらいが求められるということです。

lecture-318123_1920

TOEIC900点をとるために

ただし、結論から言うと大学受験を考えでもしないうちは、この950点を今すぐにとる必要はあまりないと思います。

なぜなら、たとえ今頑張って950点をとって、あるいは英会話スクールに通って英語を話せるようになったとしても、それを日常的に使う機会が無い限り、英語は忘れられていくからです。

ですので、将来的に海外赴任や留学を目指しているのであれば、瞬間的に950や990点を目指すよりも、日常的に英語をつかい、継続して900点以上をとれるレベルに身を置くことが重要です。

TOEICの点数が800点を越えると、継続して英語環境に身を置く下地はすでにそなわっています。すなわち、上述しましたが『机の上の勉強』ではなく、映像やラジオを通じて楽しみながら英語が学習できる、という点です。

要するに、800点を越えてしまえば、以下のようなコンテンツを使って、日本にいながらでも英語環境に身をおくことができます。

  • Speaking:オンライン教材、外国人の友人、(海外旅行)
  • Listening:ラジオ、テレビ、ドラマ、音楽、映画、オーディオブック
  • Reading:洋書、新聞、インターネット
  • Writing:オンライン教材、ペンフレンド

以下、それぞれの説明です。

1.Speaking:オンライン教材、外国人の友人、(海外旅行)

一番日本にいながら勉強がしづらい英語のSpeakingですが、何度か以前にも紹介したようにここではオンライン教材が強い味方になります。

月々5000~10,000円程度の出費ですが、毎日こつこつと行っていれば日常会話に支障をきたさないレベルにまでは成長することが可能です。

『オンライン教材』とは、例えば外国の講師とスカイプなどでやり取りをして、英語の授業をしてもらう教材のことです。また、講師はアメリカ、イギリスなどでは割り高なため、フィリピンの学生などを使っていることが多いです。

また、職場や学校に海外の友人がいれば、日常会話に支障なく話せるのもこのくらいのレベルからだと思います。とにかく、様々なシチュエーションで英語を使うことによって、次第に上達していきますので、積極的に英語を話すように心がけましょう。

2.Listening:ラジオ、テレビ、ドラマ、音楽、映画、オーディオブック

当サイトの『リーディング』の項目でいろいろなリーディング教材を紹介していますが、一番おすすめなのは『ラジオ』です。

ラジオのメリットはなんといっても、教科書やAudiobookと違い、毎日毎日新しい話題が飛び込んでくるという点です。

携帯にダウンロードしておけばどこでも気軽に聞けますし、毎日新しい話題に触れることができるので、飽きることも少ないはずです。

また、この中で一番難易度が高いのは個人的には『映画』だと思います。特に映画の言い回しは、スクリプトを使っても分からないことがしばしばあります。ただ、なんとなく意味は伝わりますので、これも勉強にはなります。

Manning the forward machine gun. Way out front. Sees that he’s going to be cut off. He grabs the hot gun. The barrel burns into his flesh. He ignores the pain and RUNS BACK toward the bridge.

ちなみにプライベートライアンの一節です。自信がないので訳しませんが、大体映画の中の言い回しはこんな砕けた感じです。

3.Reading:洋書、新聞、インターネット

これらの中で一番おすすめの教材は『新聞』です。また、上述のラジオ番組のスクリプトなどとあわせて、発音を知るのもよいやり方です。

また、海外旅行や海外ニュースをインターネットを通じて暇つぶしにでも読んでいれば、それだけで勉強になりますのでおすすめです。

洋書に関しては、ジャンルにもよると思いますが、あまり『気楽』に読めるようなレベルにはまだ達していないと思います。もし洋書にチャレンジする場合は、まずは薄めの本にしておきましょう(途中で挫折する可能性がありますので)。

4.Writing:オンライン教材、ペンフレンド

最後にアウトプット型のWritingですが、これもSpeakingと同様、オンライン教材がもっともシンプルで、気兼ねなく使える教材だと思います。

それ以外にも、大学やインターネット上などで『ペンフレンド』という、海外のメール友達を募集するやり方もありますが、最近では出会い系業者なども増えているので、学生の方は大学の斡旋とかが一番無難だと思われます。

なんいせよ、TOEIC800点を越えればこうした『英語環境』に、自らの心構え一つで飛び込んでいけることは事実です。一旦目標を達成したからといって慢心せず、日々30分は英語に触れて置くようにしましょう。

そうすれば自ずと語彙やフレーズも憶えてきますし、毎日新聞とラジオを読んでいれば、特段勉強らしい勉強をしていなくても、800→900には達成することができます。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ