TOEFLとは何か:TOEFLの概要とTOEICとの違い

statue-of-liberty-267949_1920

当ブログは『TOEIC』のためのコツや勉強方法を紹介することが主旨ですが、その根幹は『英語力を高める』ですので、このブログで紹介した勉強方法や教材はTOEFLにも応用することが可能です。

いわば、ある程度基本的な受験勉強をしておけば、早稲田だろうと慶応だろうと受かるようなもので(最後に個別の対策は必要ですが)、英語という語学の地力をつけておけば、必然的にTOEICだろうとTOEFLだろうと英検だろうと通用します。

このカテゴリでは、主に海外に行った際に英語力をはかる指標となるTOEFLについてまとめていきたいと思います。

TOEFLとは何か

TOEFLは『Test of English as a Foreign Language』(外国語としての英語試験)の略称で、名の通り非ネイティブを対象にした英語力をはかる試験です。

企業などでも有効性は認められますが、それよりも『教育機関』においてその有効性が認められているところがTOEFLの最大の強みで、TOEICとの違いになります。

この事情はそもそも、TOEFLは『教育機関向け』でTOEICは『ビジネス向け』という立ち位置で始まったことに由来していますが、現状海外の企業などもTOEFLを多く認めているのが実情です。

TOEFLテストは、世界で最も広く受け入れられている英語能力試験で、オーストラリアやカナダ、英国、米国を含め 130 か国 9,000 以上の大学や機関に認められています。希望する留学先がどこであれ、TOEFL テストがその橋渡しをします。

参照元:TOEFL: ホーム

上記の例は公式ホームページの謳い文句ですが、実際に英語圏への留学を志すにあたって必要となるのはTOEICではなくTOEFLです。TOEICも、以前記事にしたように有効性が認められていないわけではありませんが、やはり効力を比較すると弱いと言わざるを得ません。

日本の企業はTOEICを使うが、ヨーロッパなどではTOEICはあまりメジャーではない、という認識が広く伝わっていますし、否定はできません。

また、TOEICのほうが基本的には日本と韓国で広く受け入れられているテストであるのに対して、TOEFLのほうはアジアのみならず欧州圏でも広く認められており、単純な認知度でも外資企業の面接などの際に有利に働きます。

じゃあTOEFLのほうがTOEICよりも幅が広いし、TOEICではなくTOEFLのほうを受けることにしよう!と思われるかもしれませんが、TOEFLにはTOEICと違い『アウトプット』の試験があるため、難易度としては少し高めになっています。

リーディング、ヒアリングといったような『英文や英語の会話を理解する』ようなテストがインプット型の試験であるのに対して、スピーキングやライティングといったような『英文や英語の会話を自らおこなう』ようなテストをアウトプット型といいますが、こうしたアウトプット型の勉強は日本国内にいては中々勉強しづらいのが現状です。

一方で、スピーキングやライティングのようなアウトプット型の勉強に関してはそうはいきません。いくら日記を書こうとも、一人で英語を話してみても、相手がいないことには正しいのかどうかさえも分かりません。

特に日本人はこの『アウトプット型』のテストが苦手だと言われています。そのため、やはり手軽に自身の英語力を企業に認めてもらえるTOEICのほうが、学生や時間の無い社会人には重宝されがちになります。

TOEFL公式ホームページ

TOEFL公式ホームページ

TOEFLとTOEICのレベルの比較

さて、試験の形式こそ違えど、TOEICもTOEFLもともに非ネイティブの英語力をはかるためのテストだということに変わりはありません。数学や世界史のように異なった教科ではなく『英語』という一つの基礎のうえに成り立っている試験です。

そのため、絶対的ではありませんが、ある程度TOEFLとTOEICの得点には相関性が認められています。

TOEFLにはPBT, CBT, iBTと種類があるので(CBTに関してはすでに廃止されましたが)、今回は簡素化のため一番ポピュラーなTOEFL iBTとTOEICの相関性について見てみましょう。

TOEFL iBTは120点満点で、1点刻みで計算されます。一方TOEICの満点は990点ですが、これはイコールではありません。

実際のところ、TOEIC満点レベルでもiBTの点数に換算するとおおよそ『110点以上』という程度です。形式が違うので単純比較できないのが当たり前ですが、とりあえずTOEIC満点だからといってTOEFL満点とれるとは限らないということです(逆は当てはまるかもしれませんが)。

また、当ブログのうたっているTOEIC900点はTOEFL iBTに換算するとどの程度かというと、これは海外の大学院などを受けるにあたって本当に最低レベルの足きりラインである『100点』程度になります。

海外の大学の中には足きりラインが105や110の大学も多くありますので、TOEIC900点とったからと言って特別威張れるレベルでもないのがよくわかります。

ちなみにTOEIC800点レベルでTOEFL90点程度、TOEIC700点でTOEFL75点程度といったところです。上述したように、比較対象が異なるので、まとめている機関によってもばらつきがありますが、基本的にはこのくらいの開きがあると思っていていただければいいと思います。

cambridge-103478_1920

TOEICとTOEFL、結局どちらを受けるべきか

これはよく質問されますが、就職活動や大学院の入試など客観的な英語力を示さざるを得ない事情があり、かつそのための準備期間が少ないのであればTOEICの準備をすることをおすすめします。

TOEICでは長くとも半年勉強すれば900点はとれますが、TOEFLは半年勉強したからといって100点とれるとは限りません。TOEFLは受験費用も高いですし、スピーキングやライティングの勉強は一人ではしづらいのもネックです。

一方、学生であったり、試験までの期間が長いのであれば『英語の勉強』を長く続けておき、両方対応できるようにしておくことをお勧めします。極論を言えば、毎朝Wall Street Journalの一面をさーっと読める程度の英語のリーディング力と、アメリカのコメディを見て笑えるレベルのヒアリング力があれば、どちらも高得点とることができます。

TOEIC、TOEFLともに事前対策は必要ですが、上述のように生の英語を理解できる程度の英語力を日々つけるように鍛錬しておけば、いざというときにどちらの試験を受けても通用します。

とはいえ、上述のとおりTOEIC満点の人がTOEFL満点をとれるとは限りませんが、TOEFL満点の人は話、書、聞、読をバランスよく行える人ですので、TOEICで満点近いスコアがとれます。

そのため、どちらか一つしか受けられず、かつ時間的余裕があるのであればTOEFLの準備をしておくことをおすすめします。

  • 短期的:TOEIC
  • 長期的:TOEFL

というのが私の意見です。この辺は、勿論何を将来的に目指すのか、キャリアアップか国内の大学院進学か、海外のMBA取得か、などによって変わって来ますが、TOEFLで高得点とっておけば必然的に海外への門戸が広がります。

今回はあくまでおおざっぱなTOEFLの概要、基本概念的なところに触れましたので、次回以降でTOEFLの詳細についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ