基本はスピーキングと同じ!TOEFLのライティングセクションで英語の勉強を

TOEFLとTOEICの相違点は、スピーキングおよびライティングといった、いわゆるアウトプット型の試験のあるなしです。

TOEICのほうが基本的には日本と韓国で広く受け入れられているテストであるのに対して、TOEFLのほうはアジアのみならず欧州圏でも広く認められており、単純な認知度でも外資企業の面接などの際に有利に働きます。じゃあTOEFLのほうがTOEICよりも幅が広いし、TOEICではなくTOEFLのほうを受けることにしよう!と思われるかもしれませんが、TOEFLにはTOEICと違い『アウトプット』の試験があるため、難易度としては少し高めになっています。

とはいえ、スピーキングとライティングの勉強の仕方は根本的には相違ありません。今回は、TOEFLのライティング試験の構成についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク


TOEFLのライティング試験

前回、スピーキングのところで『導入』→『具体例』→『結論』という構成方法についてのべましたが、基本的にはこの三段階のやり方は、ライティングの試験でも応用できるものです。

ちなみに、TOEFLのspeaking問題は日本語でさえも時に、時間内に意見をまとめるのが難しいような質問があります。まず、後述しますが、我々は時間内に「導入」「例」「結論」という3つのことを自身のspeaking内容に盛り込まなくてはいけません。

もちろん、スピーキングと違って長い文章を作ることになりますし、そのための準備時間も30分程度与えられますので、その密度に関してはスピーキングテストよりも濃いものを作ることが求められます。

どんなお題が出るのかというと、例えば以下のような出題がなされるような形です。

1. Independent Writing

スピーキングの方でも紹介しましたが、アウトプットの試験とはいえ中には問題中にリスニングやリーディングのスキルを要請するような問題もあります。

今回の『Independent Writing』は、そうした新しい情報を仕入れるわけではなく、個人的な考えや体験に基づいて作文していいと言う問題です。

This section of the test asks you questions about common experiences. You will be asked to give your opinion and provide reasons and examples. You will not be required to have any previous knowledge on a topic. You will have 30 minutes to prepare an essay in response to the question provided.

『このセクションでは、一般的な体験などに関わる質問がなされます。そこで、あなたは、理由や例を用いて、自身の意見を展開していく必要があります。この出題形式において、あなたは特段の前提知識を求められることはありません。30分の時間を用いて、エッセイを完成させましょう。』

後から登場する、リスニングとリーディングを複合させた問題形式に比べたら、こちらの出題形式の方がはるかに楽です。例えば、以下のような問題がなされます。

Describe an influential person, and explain why you feel this person is a positive role model

『影響力のあると思う人物を挙げ、それからどうしてその人物が影響力があると思うのかについて述べなさい。』

他にも、ある意見を持ち出されて、それに賛成か反対かを問われる問題であったりと、パターンは色々ですが、解き方としては(別の記事で詳細を書きますが)導入→具体例→結論という展開を用いて問題ありません。

2. Integrated Writing

もう一つの出題形式が『複合的なライティング』と言われるものです。要するに、あるテーマに関するテキストを読み、そのテキストに関する講義を聞き、最後にそれらを要約したエッセイを完成させるという、スピーキング以外の全ての要素が凝縮された問題のことです。

Here you will read a passage about an academic topic. Then you will listen to a lecture about the same topic. You are permitted to take notes while you read and listen. You will be asked a question that relates to both the text and the listening. Your response should be 150-225 words.

『この問題形式においては、貴方は学術的な記事を読むことを要請されます。次いで、その記事に関する講義を聴き、その間講義に関する内容をメモしても構いません。最後に、貴方は最初に読んだ記事と、聴いた講義内容についての質問がなされます。貴方は150~225字程度で答えをまとめる必要があります。』

という形で、ちなみにリーディングとリスニングをした後に、どんなことが問われるのかというと、以下のような質問です。

Summarize the points made in the lecture, explaining how they cast doubt on the points made in the reading passage.

『講義の中の要点を要約し、最初に読んだ記事のどこに問題提起しているかを説明しなさい』

言わずもがな、この試験形式は難解です。というか、仮に日本語で同じような出題をされたところで、私は毎回満点を取れる自信はありません。というわけで、勉強せずにこれらの問題形式に挑戦しても中々点数がとりにくいので、やはり試験前に幾度か練習を強いられることとなります。

TOEFL writingセクションの練習方法

ここでの勉強方法は、おおまかに分けて2つあります。

  1. 自力でできる勉強方法
  2. 自力でできない勉強方法

以下、それぞれの解説をしますので見ていきましょう。

1.自力でできる勉強方法

このwritingセクションにおいても、speakingセクション同様、いろいろと難しい表現を使えばそれだけで高得点に繋がります。ですので、いかに多くの表現やイディオムを使いこなせるか、がこのセクションにおける重要な要素になってきます。

  • The professor’s lecture casts doubt on~
  • In the lecture~
  • This point agrees with the reading~

また、TOEFL writingセクションで扱われる問題形式は基本的には似たようなものですので、上述のような表現は使えるようにしておきたいところです。

この辺は丸暗記でもいいので、自由に使える導入→具体例→結論までの流れを2~3パターン用意しておけば、試験中にそう困ることはありません。

2.自力でできない勉強方法

もう一つの自力でできない、とは、すなわち自身の書いた内容を添削してもらうような勉強方法のことです。この勉強方法は、私の場合はレアジョブのようなオンライン英会話を用いて、スカイプでテキストを送って、添削してもらいながら分からないところを聞く、という形式で勉強しました。

中には、文章の添削が苦手な奴もいるし得意な奴もいます。以前私の講師になった子は、本業で英語のライターか何かをしている子だったようで、一語一語丁寧に添削してくれましたが、そこまでの精度はいらないと思います。

基本的には、150語程度の長さの添削であればものの30分の授業内で裕に完結すると思いますので、TOEFLのライティング添削にはオンライン英会話がもってこいだと思います。

以上、TOEFLにおけるwritingセクションのおおまかな流れです。次回以降、各問題形式における書き方や表現などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ