BBC推奨:Skimming(スキミング)で英語の読解速度を大幅アップ

newspaper-412435_1920

英語圏では有名なreading skillですが日本ではあまりメジャーでない『skimming』について今回はまとめていきたいと思います。

このSkimmingは、TOEICのようなスピードを求められるようなテストでは特に効力を発揮する、効率的なリーディング方法の一つですので、参考にしていただけたらと思います。

Skimmingとは

skimming(スキミング)とは、平たく言うと『文中の重要な情報だけを拾い集める』技術のことです。ある英語のサイトによると、Skimmingは以下のように定義されています。

Skimming is used to quickly gather the most important information, or ‘gist’. Run your eyes over the text, noting important information. Use skimming to quickly get up to speed on a current business situation. It’s not essential to understand each word when skimming.

『Skimmingとは文中の重要な情報(gist)を早く正確に抜き出すために用いられる手法である。文章の全体に目を通し、その中の重要な情報に気を付ける。現代ビジネスで必要とされるスピードに達するために、Skimmingを活用する必要がある。文中の全ての単語の意味を理解することは重要ではない』

Skimmingの本来の目的は『情報が氾濫している現代で、自分に有用な情報をいかに抜き出すか』の能力のことです。

我々は、日本語の日常生活の中ですでにこの技術を使って生きています。新聞のテレビ欄を読むとき、一々端から端まで読む人はいません。

テレビ欄であれば、まず、タイトルだけさーっと流し見て、自分の興味のある分野、あるいは自分に有用そうな分野であれば、その目次の説明を読む、といった感じでしょう。

他にも、広告や(値段は適切か、家の近所か、などなど)、求人(給料はいくらか、年齢制限はあるのか、などなど)とったものも、我々は無意識のうちに『自分に必要な情報』を抜き出して、必要なものだけ注意を払うようにしているはずです。

世の中に出回っている全ての情報に目を通せるほど、我々は時間があるわけでもありませんし、また世の中の情報はそんなに少なくもないのです。この手法を、TOEICに応用するとどうなるでしょうか。

newspapers-444444_1920

TOEICとSkimming

TOEIC part6で頻出する問題が以下のような形式です。

  • Why was the meeting held?(なぜそのミーティングは開催されるのか)
  • What is the purpose of this e-mail?(このメールが送られた意図はなにか)

このように『文章全体』の目的を問うような問題が必ず出されます。こうした際に、必要な情報、キーワードを『抜き出す』skimmingのテクニックが必要です。

では、こうした設問が問われた際の『キーワード』とはなんでしょうか?実際のところ、読んでみないとキーワードは分かりません。

例えば、以下のようなメールの設問が用意されおり、What is the purpose of this e-mail?(このメールが送られた意図はなにか)という問いが立てられたとしましょう。

このメールを宛名から最後の挨拶まで読む必要はまったくありません。『なぜ』送られたのかというところに注目して読んでみてください。

To: abc@wyz.com
CC: Accounts Payable
Subject: Request for copy of invoice

Dear ABC,

I’m LMN from the Accounts Payable department at GHI. Ltd. I understand that we have an invoice outstanding with your company since 07/01/2010. This email is to request you for a copy of the invoice, so that we can clear it for payment at the earliest.

First of all, apologies for the delay in payment. The accounts team has been reshuffled and this case came to my notice just an hour ago and I am writing to you immediately. The invoice in question is invoice number 246849, for Mr. JKI who stayed at your hotel for a period of 4 days. That is, from 06/28/2010 to 07/01/2010.

We cannot seem to locate the invoice, so I request you to send me a copy of the invoice, so that I can issue the payment right away. Please send it to the email address mentioned below and mark it for my attention. Once again, sincere apologies for the delay.

Thank you,
LMN,
Senior Executive
Accounts Payable,
GHI. Ltd

email: accountspayable@ghi.com

英語のサンプルメールのサイトから引っぱりました。
(出典:http://www.buzzle.com/articles/business-email-sample.html)

この中で、重要なのは例文にもあげられているとおり『なぜ』このメールが送られたのか、という点です。今回の場合、最初の3行目のところに以下のような文言が書かれています。

This email is to request you for a copy of the invoice, so that we can clear it for payment at the earliest.

『このメールはインボイスのコピーを要求するものである。そうすれば我々は早く支払いを精算することができる。』

設問の種類にもよりますが、このメールは『インボイスのコピーを受け取れば、その後すぐにで支払いを行える』という旨を相手に伝える、ということです。

今回のケースでいけば、このメールのキーワードは『invoice』であることがわかります。読んでいくとinvoice number 246849(領収書番号246849)に問題があり、このままでは精算できないので、早く領収書のコピーを送ってくれ、という内容であることがわかります。

calculator-453792_1920

これを、TOEICの限られた時間内で早く正確に行うためには、以下の方法が必要になります。

TOEICテストでSkimmingを行うためのこつ

  1. タイトル、サブタイトルを読む
  2. 全文をざーっと読む
  3. 全部の単語を理解する必要はない(分からない単語は飛ばす)

これだけです。以下、それぞれの説明を行います。

1. タイトル、またはサブタイトルを読む

この『タイトル、またはサブタイトルを読む』という行為はかなり重要です。我々は『まったく前後関係のない文章』を読む場合困難を要します。

『今から幕末日本の歴史について話します』と最初にタイトルを言ってもらった場合と『幕府態勢の困難は、17世紀の終わりにはすでに萌し始めていた云々』といきなり始められるのでは、その後の理解がまったく異なります。

そのため、まず注目しなくてはいけないのが『この文章は何について書かれたものなのか』を理解することです。

2.全文をザーッと読む

先ほどのメールの例でも読んでいただければ分かる通り、問題によってはあとから情報の付け足しや訂正がでてくるため、最初に答えが出て来たからといって早とちりしてはいけません。

まずは、文章全体を、多少理解に難があろうとも、全文ザーッと通して読むことが肝心です。この時の速度は、普通の『3~4倍』辺りを心がけてください。

先ほどの文章であれば、意味の理解はどうあれ、10~20秒程度で読むことが重要です。一度文章を読み終えたら、再び最初に戻って、今度は1分程度で、特にキーワードに注意して読んでみてください。

最初に10~20秒流し見るのと見ないのでは、理解に雲泥の差があります。

3.全部の単語を理解する必要はない(分からない単語は飛ばす)

TOEICのスコアが伸び悩まれている方に多いのが、文中に分からない単語やフレーズがあるとそこで立ち止まり、ついついその文章を意味を考えてしまい、時間が無くなってしまうケースです。

これは、TOEICでは一番やってはいけないことです。我々は国立2次を受けているのではないので、文章の深い意味など囚われる必要はありません。肝心なのは『何が書かれているか』という、表面的な、薄っぺらい情報を得ることです。

まったく単語の意味がわからなくてはそもそも文章が読めませんが、10~20パーセント程度の分からなさであれば問題ないので飛ばしてください。

最後に、トレーニング方法としてBBCラジオが以下のようなサイトを運営しています。無料で使えますので、興味がある方はチャレンジしてみてください。

http://www.bbc.co.uk/skillswise/topic/skimming-and-scanning/resources/e1-e2

以上でskimmingの解説は終了です。他にも速読のやりかたはいくつかありますので、またまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ