評価:YouCanSpeakとレアジョブを用いた英語勉強法と成果

今回までに何回かYouCanSpeakとレアジョブを複合させた勉強方法についてまとめてきました。今回は段階ごとの勉強の成果と、私の到達具合についてまとめていきたいと思います。

もちろん、人によっては私より早く到達できる人もいると思いますので、必ずしも同じ結果になるとは約束できませんが、やり方さえ同じであればおおよそ似たような結果になると思います。

スピーキングの成果とTOEICの関係性

まず私の最初のレベルですが、レアジョブとYouCanSpeakをはじめたてのころ、TOEICでいえば500点前後、スピーキングのレベルでいえば皆無という惨憺たる状況でした。

私は大学を卒業するまで英語は苦手な部類でした。高校でも下から数えた方が早いほうでしたし、大学の科目も理数を多く扱う分野でしたので、そこまで英語に堪能でなくても卒業に差し支えはありませんでした。

上述のように、海外赴任と自身のキャリアアップのために英語のトレーニングをはじめましたが、これが半年後にはスコアでいけば910点を出せるようになりました(900点の時点で勉強はほとんどしなくなりましたが、そこからも仕事で使っていることもあって英語のスコアは少しずつ伸びています)。

900点で英語の読解が完璧かというとまったくそうではありませんし、むしろTOEICで高得点を出そうが満点を出そうが、あくまでTOEICという物差しではかれるものは英語圏の小学生低学年レベルの語彙力です。

ですので、これを誇るつもりはありませんし、むしろヨーロッパの人々や中国のエリート層の英語をきいていると、それと比べて私の英語は格下です。

ただし、私の英語能力は満点をとってないので偉そうなことを言うなといわれるかもしれませんが、現段階での私のキャリア上での目標はあくまで900点でしたし、日本の企業で働いている限りそれ以上を望むような人事もないと思います。

ちなみに、TOEICで900点取った時点で読解の勉強はめっきり減らしてしまったので、ときどき受けてもリーディング問題に関してはちょいちょいチョンボします。

英語を使えるような仕事がまわってきはじめたので、リスニングのスコアは毎回満点近く取れるようになりました。平均して現在は勉強をほとんどしていない状況で毎回950点近くとれます。

これは諸説あると思いますが、私の考えでは会話だけやっていてリーディングが劇的に向上するかと聞かれたら眉唾だと思います。

後進国の中にも会話はできて文字が読めない人なんてたくさんいますし『声の言語』と『紙の言語』は、相関性はあれども別物と考えた方がよいでしょう。何を目的とおくかで勉強方法は変わってきますが、私と同じくサラリーマンの方で

  • キャリアアップとしてのTOEIC
  • 仕事上での英語の活用

という2点を望まれるかたは、私の以下のやり方が最適だと思います。つまり、初めにスコアを900点までもっていけば英語の地頭が安定しますし、英語を使える環境におかれるので、無理して勉強しなくてもコンスタントに英語が引き出せるようになります。

勉強を開始してからのスケジュール

さて、最初の一ヵ月目からの軌跡を簡単に説明しますと、とにかく毎日以下の3点を徹底的に意識して英語を勉強しました。

  1. 英語の勉強は必ず毎日やる
  2. 英語の勉強をするときは日本語の思考は一切シャットダウンする
  3. 勉強の前に大小の目標をはっきりとたてる

以上の3点です。以下、それぞれ詳細を説明します。

1.英語の勉強は必ず毎日やる

これは何も無理に1時間2時間やる必要はありません。その代り、最低でも15分、どんなに飲み会で疲れていようとも仕事で帰りが午前様でも毎日英語の勉強をつづけました。

(午前様になりそうなときは夜ではなく、朝勉強してから仕事に行きましたが)

これはどんな物事にも通用する言葉だと思いますが『継続は力なり』です。以前も書きましたが、語学の勉強は階段の要領で昇っていきますが、怠けるとかくっとレベルが落ちます。

1日10時間程度勉強できる環境なら一日程度怠けてもたかが知れていますが、そもそも仕事と両立してですと、せいぜい一日30分程度が限界だと思いますので、その分一回怠けてしまったらすぐに勉強の質が低下します。

特に、以前説明したように『忘却曲線』は反比例を描いて落ちていきますので、勉強したことはとにかく早く復習する必要がありますし、そうすることで記憶にはっきりと焼き付けることができます。

2. 英語の勉強をするときは日本語の思考は一切シャットダウンする

これは何回も書いていますが『英語を英語で理解する』ために不可欠です。一度日本語で考えてから英文を書いたり話したりするのではなく、初めから英語で思考できるように訓練しましょう。

『英語の文章は英語として理解する』ということをしなくては、おそらくTOEICでいうと800点以上、英検で言うと準1級より上は難しいと思います。

思考に関しても英語が望ましいですし、外的な騒音(電話、メール、テレビなど)も一切シャットダウンしましょう(せいぜい30分程度ですので)。

集中と勉強の成果は比例すると、外国の大学の研究で証明されていました(出所は忘れましたが)。特にメールをチェックしながらの勉強は勉強のクオリティを大幅に低下させますのでやめましょう。

ちなみに、長くやられる方でも一回の勉強時間は45分以下がよいそうです。45分を越えて勉強したい場合は、一回休憩をはさんだほうが、脳が勉強した内容を頭の中で整理してくれるそうです。

3. 勉強の前に大小の目標をはっきりとたてる

さて、最後に『目標』に関してです。これは大小二つ必要です。すなわち『英語のレベルにおける間近な目標』と『英語を利用して行いたい将来的な目標』です。

前者のほうは比較的簡単にたてられると思います。TOEICで○月までに○○点とりたい!という具体的な数値目標が、すなわちこの『間近な目標』にあたります。

半年後を目安にしていて、三ヵ月たっても中々目標に届かなそうなら勉強時間を増やす必要がありますし、目標に到達しそうならさらに一段目標をあげましょう。

後者のほうの『英語を利用して行いたい将来的な目標』は、前回少し触れましたが『英語をぺらぺらになった自分』が何をしたいかを考える問いです。

例えば、好きなアメリカのテレビドラマを字幕なしで見たい、白人の女の子をナンパしたい、海外旅行で自由自在に買い物が楽しみたい、など動機は不純だろうとなんでもいいと思います。
とにかく英語の上達には『動機』をつけることが絶対条件です。あくまで机のうえの勉強をしなくてはいけない時期は義務教育の時点で終わりました。

私の場合は『キャリアアップ』をこの英語の到達後の目標にすえました。なぜキャリアアップしたいか、金がほしい、名誉が欲しい、もてたい、見返したい、安定したい、とにかくそんな下世話な意欲でもなんでもいいと思いますが、とにかく自分の成功後のポジティブな姿を思い描きましょう。

スポーツでも、ムキムキになった自分を想像しながらする筋トレはパフォーマンスが格段にことなると、どこかのスポーツ医学師が言っていました。

これらの3つを念頭においたら、あとは『YouCanSpeak』『レアジョブ』それと『英文音読』をひたすら繰り返していきました。

文章の流れをつかむためには、聞くだけではなく『自分で何度も声に出して英語を読む』ことが大切なのです。

確かに好きでもない英語を続けるのは面倒ですが、それは恐らく人よりできないから好きでないだけであって、3ヵ月も過ぎてレアジョブの講師と英語で会話できるようになったら『英語が好き』になると保証します。

そうればあとは、坂道を転がっていく雪だるまのように英語の力がぐんぐん膨らんでいくことでしょう。多少自慢話も入ってしまいましたが、これが私の勉強方法と成果です。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ