TOEIC600点に向けての道しるべと英語の基礎:速読のすすめ

前回、英会話を始めるための前提条件としてTOEIC600点を目指すことが有効であるとまとめました。

果たして英語の基礎とは何でしょうか?文法をきちんと学ぶことでしょうか、発音をしっかり習得することでしょうか?これはTOEICで『600点程度』獲得することです。別に英検でもTOEFLでも基準は何でもいいのですが、一番一般的な指標であるTOEICに置き換えると600点がボーダーラインということになります。

TOEIC600点は企業や大学などで一つの基準となる数字であると同時に、500点台の方が乗り越えるためのを多少なりとも感じやすいところでもあります。

もっとも、TOEIC600点ぴったしを目指すのではなく、その後に当然様々な英語の目標が控えていることでしょうから、短期的ではなく長期的な視野で英語の基礎固めを行っていきましょう。

TOEIC600点のために必要な能力:速読

さて、TOEICは英検のように1級、2級、あるいは3級とで受ける問題が違うわけではありません。990点を目指している人も500点を目指している人も、分け隔てなくまったく同じ問題を受験するというのが特徴です。

難関国公立大学のように『要約しろ』だの『和訳しろ』だの『自分の意見をまとめろ』だのといったいじわるな問題は一切出題されずに、淡々と機械的に選択問題を解いていくだけですので、あまり語学のセンスや才能などは関係ありません。

なので、例えば900点をとれる人と600点の人とで一体何が違うのかと問われれば、つまるところTOEICに関していえば『速度』というファクターが大きな要素を占めます。

TOEIC600点のための課題は「速読」である。

長文問題は言わずもがな、文法問題も一問をいかに早く読むのかというところが重要になってきますし、リスニングのテストにも以下のように実は速読の要素はふんだんに組み込まれています。

まず、そもそも読み上げられるアナウンスの速度以上で文章を読めなければ、リスニングの意味は当然分かりません。また、次のリスニングが読み上げられる前に、次の問題の文を読んでおくこともまた重要です(リスニング問題のコツに関しては以下の記事をご覧ください)。

これが問題文とリスニングの和訳ですが、このアナウンスが流れる前に、まずは先に『問題文』と『選択肢』を読んでおくことが絶対です。

全てが全て『速読』で片付けられるほど問題はたやすくありませんし、文法問題など、いくら早く読めても語彙を知らなければ解けない問題もありますので絶対ではありませんが、速読がTOEICの中で重要なファクターを占めることは間違いありません。

では、その速読とはいったいどのように学べばよいのでしょうか?

速読の練習方法

英語の文章では以下の3つの要素が、速読において必要になってきます。

  1. 語彙力
  2. 文法能力
  3. 慣れ

以下、一つずつ解説していきます。

1.語彙力

これに関しては自明だと思います。語彙力が多ければ多いほど、文章中でつっかかる頻度が下がりますし、その分読解速度も速くなります。もっとも、英語の動詞などの多義語は、ぱっと見ただけでは最初のうちはどの意味で使われているのか分からないケースがあります。

例えばgo onという熟語は『続いている』なのか『経過する』なのか『うまくいく』なのか、慣れないうちはそれぞれ当てはめてみてぴったり当てはまりそうな意味を考える必要がありますが、後述するようにこれは馴れればなんとなくどの意味かはすぐにわかるようになります。

そもそも、日本語にしても単語さえ分かればある程度何を言っているのか理解できるはずです。以下の例を見てみましょう。

『政府 今年 予算 提出 昨年 比較 縮小』

政府が今年の予算案を提出したという文章ですが、別に助詞を抜いても飛び石のように意味は想像できるはずです。繰り返しますがこの分野に関してはセンスなどあまり必要なく、語彙力が増えれば増えるほど『何について述べているものか』が明確になってきます。

2.文法能力

TOEICの文法問題を解くためだけではなく、速読のためにも文法能力は必須です。例えば、以下のような英文を見てみましょう。

A good writer should be able to pick precisely the word they want.

(出典 ジーニアス英和辞書例文)

もしパッと見で文章構成が難しいと感じた場合、とりあえず主語が何で動詞が何か、というところから解読してみましょう。この文章の場合

S(主部)=a good writer・・・良い書き手
V(動詞部)= should be able to pick・・・選ばなくてはならない

となります。Preciselyは『正確に』という副詞で、動詞を修飾しており、その後に続く『the word』が文章の目的語で、その目的語を最後の『they want』が修飾しているという形になります。

これを続けて読んでみると、上手な書き手は必要な語を正確に選ばなくてはならない、という和訳が完成しますが、一々和訳するのでは時間に間に合いませんので、文章構造だけ理解して英文のまま頭で理解できるような癖をつけておきましょう。

3.慣れ

日本語の速読能力と英語の速読能力はある程度比例します。私の周りでも、日本語の本や記事を読むのが早い人は英語の文章も早く読めます。

これは、何度も何度も色々な文章を読むうちに、ある程度「文章の流れ」がつかめてくるようになるからです。例えば『泳ぐ』という単語が来たら、比喩でない限り前後には海や川などの名詞が来ますし『複雑な』という単語が来たら参考書や問題などが頭に浮かぶと思います。

これが文章全体で行えるようになってくれば、頭のほうが先に、次にくる文章の流れをなんとなく読めるようになってきますので(逆説、順接など)、その分一語一語読み進めていくひとよりも読む速度は早くなると言うわけです。

ただ、読む際に注意しなくてはならないが、前々から記事にしていますが、一々英文を日本語訳して読むのではなく、英文を英文として理解できるような癖を身に着けておくことが重要です。

これらは全てやめて『英語の文章は英語として理解する』ということをしなくては、おそらくTOEICでいうと800点以上、英検で言うと準1級より上は難しいと思います。

TOEIC600点であれば、長文を頭の中で日本語訳して読んでいてもなんとかなるかもしれませんが、その先の700点800点、あるいは英会話という目標を定めているのであれば、この段階からすでに『英文読み』を心がけておいた方がよいでしょう。

TOEIC600点を目指すための速読教材

この段階ではまだ新聞などは読めませんので、基本的には高校や大学受験と同じような『机の上の勉強』に終始してしまうことを覚悟しましょう(この時期さえ乗り切ってしまえば楽になりますが)。

具体的にTOEIC600点を目指すレベルで教材になりやすいのが、まずは『TOEICの練習問題』です。語彙の難しさも、文章の長さも、TOEICの文章は練習にもってこいですので、語彙などに特別大きな問題がなさそうであれば、TOEICを使った速読練習をしてみましょう。

他にもVoice of Americaの初心者向け記事や、書店などで売っている初級者向けにアレンジされた英語小説など、自分のレベルにあったところから進めていくことが効果的です。あまりレベルに乖離があると、長続きしませんし効果的ではありません。

こちらはアメリカのラジオ局です。Voice of Americaの略で、サイトを見ていただければわかりますが『Learning English』という標語がサイトには掲げられており、英語学習向けの番組です。

他にも、オンライン教材であれば自身に適した教材をピックアップしてくれますので、選ぶのが難しいと感じた場合は講師の方などに相談してみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ