なぜネイティブに英語の発音が伝わらない?ラジオを使った発音矯正方法

indian-786117_1920

例えば、オンライン英会話のフィリピン人講師とはちゃんと英語でコミュニケーションできるのに、実際にネイティブとの会話では、相手がこちらの言っている英語を理解してくれない、ということが多々あると思います。

今回は、日本人がもっとも苦手とする『英語の発音』についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


なぜ我々の英語は通じないのか

日本語で考えてみていただきたいのですが、貴方は例えば、赤の他人が言ったことを100パーセントの精度で理解できますでしょうか?ぼそぼそ声、早口、方言、らぬき言葉、など、日本人同士でさえも、時にお互いの言っていることが理解できない場合もあります。

周りが騒がしかったり、電話口であったりしたらなおさらで、この『言葉が通じない』という現象は、外国人と日本人のあいだでのみおこりうるのではなく、日本人同士でも起こりうるほどです。つまり、それだけ『言葉によるコミュニケーション』とは、難易度の高いものなのです。

オンライン英会話をやっていると、こうしたお互いの言っていることが分からない、という事態はそこまでありません。というのも、フィリピン人講師といえども、英語はやはり外国語ですし、我々と同じように『習って憶えた』言語です。

彼らもネイティブではない分、どこで言葉を区切ってくるか、どこでアクセントを間違えているか、など、同じようにやはりある程度は理解してくれるのです。

一方、ネイティブの場合それは『習って憶えた』英語ではなく、育った環境において備わったものです。よく、教師に向いている人は天才肌の人ではなく、落ちこぼれである、という話をよく聞きます。

というのも、天才肌の人はなんでもわかってしまうので、人が簡単な問題で躓いていると『どうしてこんなことも分からないの?』と、その不明点が理解できずにいるのです。

例えば、get outを『ゲット アウト』と読むとネイティブは理解できません。『ゲッダウト』です。同じように、文節を繋げるような場合もいくつもありますし、時に発音しないような部分も登場します。

この、ネイティブと非ネイティブの障壁は、それに近いものがあります。我々は恐らく、フランス人、韓国人、ベトナム人の英語の方が、ネイティブのそれよりも簡単に理解できることでしょう。

失礼な言い方ですが、彼らもまた、非英語ネイティブ同士、なんとなく他の非ネイティブの言わんとすることが分かるのです。

woman-801872_1920

ネイティブに伝わる英語を話すために

大学生の頃、一回イギリスに旅行したことがありましたが、そこで自分の言っている英語が全く伝わらずに驚いた経験があります。文法としてはおかしくないですし、そこまで難しいことを言っているわけでもないのに、街往く人がみな『???』といった感じになってしまいました。

そのころの私は、中高大と、机の上の勉強、あるいは非ネイティブの教師の発音を真似した英語を覚えていただけですので、今思うと伝わらなくて当然です。ネイティブの発音を真似た日本人の発音を真似ていたら、当然、伝言ゲームのように精度は落ちていきます。

というわけで、まず我々がしなくてはいけないのが『とにかくネイティブの発音を聞きまくる』ということです。理想を言えば、海外で生活するなり、ネイティブのいるオンライン英会話を活用するなどがいいのですが、実際には予算的に難しいものがあります。

ですので、最低限ラジオでもテレビでもよいので、キレイな発音を毎日少しずつ聞くように努力しましょう。以下、ラジオを活用した、発音の矯正方法を二つ紹介します。

ラジオの音声を間髪入れずに復唱する方法

このやり方は、文字通りラジオやテレビの音声を、間髪入れずに復唱するやり方です。間髪入れずに、とは0.5秒くらいのニュアンスです。とにかく、音が聴こえたと思ったらそっくりそのまま真似するように、ラジオの司会者などの声を真似します。

もちろん最初のうちは、自分でも何を言っているのか分からないレベルですし、ラジオが何を言っているかも分からないと思いますが、ある程度英語の能力がある人が、数日続けていたら少しずつ何を言っているのか自分でも理解できるようになります

radio

ラジオのスクリプトを見ながら繰り返し音読する

上述の、復唱の難易度が高いなと思ったら、この『スクリプトを見ながら音読する』方法でもある程度発音の矯正は可能です。BBCやVoice of Americaなど、一部のラジオ番組にはスクリプトがついていますので、まずはラジオを聴いて、次いでスクリプトを見ながらその発音に似せて繰り返し音読しましょう。

また、ラジオが難しいと言う方は、TOEICやTOEFLのリスニングのスクリプトでも問題ありません。実際に短い英語の文章ですので、そのまま覚えてしまえば会話で引用することも可能です。

最終的にネイティブ並みに発音することは可能なのか

これは、結論からいうと不可能に近いです。というのも、我々の舌の動きはすでに幼少期におおよそ決定づけられてしまっているので、成人してからいくら頑張ったところで、非ネイティブの発音に変わりはありません。

とはいえ、努力次第で限りなくネイティブの発音に近くすることはできますし、別にネイティブの発音ではなくても、上述のような方法で練習していれば、ネイティブに伝わるレベルの発音、に達することはそこまで難しくありません。

上述したとおり、本当はラジオや音読ではなく、ネイティブとの生活が理想的なのですが、予算や時間の都合で難しいと思いますので、いいところ、オンライン英会話のネイティブ講師を使う、というやり方が関の山でしょう。

要するに、我々の目標は『ネイティブと同じ英語』を話す事ではなく『ネイティブにも理解できる英語』を話すことです。前者を目指そうと思ったら、途方もない努力と労力が必要になりますので、当座、後者のほうから始めることにしましょう。

ただし、そのためには発音だけでなく、やはり語彙や文法を理解しておかないと、適宜相手に伝わる英語、というものが話せませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ