知らないと恥をかく!英語でイギリスのレストランマナーを勉強しよう。

dinner-table-444434_1920

今回は、英語圏のレストランでの作法などについて英語のサイトを使ってまとめていきたいと思います。英語圏のレストランは、日本と比べるとマナーに厳しいです。チップ文化もありますし、こうした『不文律』を破ると結構冷たい目で見られます。

こうした作法はもちろん、直接英語力には影響しませんが、英語を使用する場面を経験するということは当然実践的にも有用です。そうしたところで、そもそもマナーがなっていないと言われてしまうと英語力以前の問題になってきます。

スポンサーリンク

英語圏のレストランマナー

イギリスは紳士の国です。ですので、食事の作法で貴賤が問われることが多く、それは外国人や子供とても例外ではありません。

The British generally pay a lot of attention to good table manners. Even young children are expected to eat properly with knife and fork. We eat most of our food with cutlery. The foods we don’t eat with a knife, fork or spoon include sandwiches, crisps, corn on the cob, and fruit.

『イギリス人はテーブルマナーに対して極めて大きな注意を払っている。子供とて適切にナイフとフォークを使って食べることを求められるほどだ。我々は基本的には食事をナイフやフォークなどによっておこなう。逆に、サンドイッチやポテトチップス、トウモロコシ、そしてフルーツなどはナイフやフォークで食べることはない。』

このマナーのできは、友人を選ぶことにもつながりますし、仕事先や恋人であればなおさらです。旅行で食事のマナーが悪ければ周りから冷たい目で見られるだけで済みますが、仕事などでやってしまうと少し厳しいです。

ただし、細かいルールなどは除外すると、基本的には日本人として食事のマナーであると思われていることを実践しておけば、そこまで大きくイギリスの食事のマナーから逸脱することはありません。

遅刻しない、音をたてて食べない、食事中に電話しない、肘を机の上に置かない、など、社会人としてのマナーがそのまま結びつく部分が多く見受けられます。もっとも、中には細かく知っておかなくては困るようなものもいくつかありますので、実際にいくつか具体例をみてみましょう。

レストランでしてはいけないこと

作法というよりも、まずはレストランでしてはいけないことを先に見ていきましょう。イギリスの作法などを扱っている下記サイトからの引用です。

(引用元:http://resources.woodlands-junior.kent.sch.uk/customs/behaviourfood.html

Never lick or put your knife in your mouth.

『ナイフを絶対に舐めたり口元に持って行ったりしないこと』

日本でもこんな酔狂なことをする人はそんなにいないと思います。とりあえず、ナイフは食べ物を『切り分ける』道具として以外には使いませんので気を付けましょう。

It is impolite to start eating before everyone has been served unless your host says that you don’t need to wait.

『招待者が「待つ必要はない(You don’t need to wait)」と言わない限り、みんなの食事が揃う前に食事を始めるのはかなり失礼に値する』

この辺のニュアンスは、日本人であれば心得ているのではないでしょうか。食事だけでなく、飲み物も日本と同じく乾杯とともにスタートする場合が多いですので、皆の分が出そろうまで待ちましょう(もしくは、必要以上に時間をとらせそうなものを注文するのは辞めましょう。)

Never chew with your mouth open. No one wants to see food being chewed or hearing it being chomped on.

『食べ物をくちゃくちゃ食べるのは辞めよう。誰も、食べ物が咀嚼されているところを見たくないし、その音を聴きたいとも思わない。』

ソバをずるずると啜るなんてもってのほかです(日本食屋であれば許されるのかもしれませんが)。とりあえず、食事をするときは上品に、音を立てずに食べることを心がけましょう。

It is impolite to have your elbows on the table while you are eating.

『食事中に、肘を机の上におくことは失礼である』

これも小さいころに習ったことがあるのではないでしょうか。といっても、特別敷居の高いレストランでもなければ、結構肘をついて食事する外国人の姿を見かけることはありますが。

他にも同サイトにてたくさん見ることができますが、キリが無いのでとりあえず『してはいけないこと』リストは終了です。続いて、イギリスの食事マナーの中で『してもいい』と見なされていることについて少し見てみましょう。

food-480947_1920

レストランでしてもいいこと

続いてこういうことはしても許されます。

If you cannot eat a certain type of food or have some special needs, tell your host several days before the dinner party.

『もし(病気などで)食べられない種類の食事があるならば、数日前もって招待者のところに連絡をいれておこう』

アレルギーとか、肝臓の病気とか特定の理由があるのであれば、皆と同じもの以外を食べても許されます。そうした場合には、前もって招待者(Host)のところに連絡を入れておく必要があります。

Always say thank you when served something. It shows appreciation.

『給仕してもらった場合は、ありがとうと言うようにしましょう。感謝の気持ちを持っていることを周囲に伝えます。』

店員であろうと、隣の人が何かをとってくれたときだろうと、やはり『thank you』の一言は欠かせません。日本人であればこうした何気ない『thank you』が言えると思いますので(日本人はそうでなくても丁寧な人種だと思われているので)、期待を裏切らないようにしましょう。

You may eat chicken and pizza with your fingers if you are at a barbecue, finger buffet or very informal setting. Otherwise always use a knife and fork.

『例えば、バーベキューや、finger buffet(手で食べる形式の食事)や、インフォーマルな形での食事などの機会であれば、チキンやピザを素手で食べてもよいが、それ以外の場合ではナイフやフォークを使おう。』

とにもかくにも、迷った場合はナイフとフォークを使って食べて置けば間違いないです。もしくは、知り合いか誰かに『こうした場では、ナイフで食べるべき?それとも素手で食べるべき?』と聞いても大丈夫です。

他にも、同サイトにて『フォークとナイフの使い方』などの写真が掲載されています。また、You tubeなどでrestaurant mannersと検索すればレストランのマナーなどが動画で見ることができますので、参考にしていただけばと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ