英語のリスニングにはこつがある:3ヵ月で英語を聴こえるようにする方法

portable-radio-413732_1920

今回は、英文のリスニングについての重要なこつをまとめます。TOEICのリスニング点数を向上させよう、というだけでなく、英語のリスニングというからには、英語のニュースやラジオが理解できるようになることが最終目標です。

そのためには、後述する2つの重要なことをすればいいのです。もっともこれは、短期間でマスターできるものではなく、最低でも3ヵ月はかかると思います。

世の中には、寝ているときにCDをかけっぱなしにしていたら聴こえるようになるとか、スピードラーニングなどありますが、あのような高価なものは使わずに問題ありません。

多分、楽して英語ができるようになる教材など現在の科学力ではまだ存在しないでしょう。

英文リスニングのコツ

まず、大前提となるのが、以前リーディングのところでまとめた以下の原則です。

英語を英語として理解する

これをできるようになっておかないと、短いゆっくりした会話文などはともかく、早い内容のリスニングなどにはまったくついていけなくなります。

そして、もう一つ重要になるのが、以下の原則です。

リーディングの速度をとにかくあげる

上述した2つのことさえ行えば、あとは耳を慣らしていくだけです。耳の慣らし方などについてはまた後述していきますが、まずはこの

  1. 英語を英語で理解する
  2. リーディングの速度をとにかくあげる

の2つを行えば、自ずとリスニングの能力は向上していくようになります。以下、それではどうしてリーディングの速度とリスニングが関係しているのか、についてまとめていきましょう。

リーディングとリスニングの関係性

そんなに難しい理屈ではないのですが、リスニングはとりあえず流れるように話されます。

それはスーパーのアナウンスだったり、不特定多数の会話だったり、あるいはラジオ番組だったりと、とりあえずリーディングのようにこちらのリズムで読むことができるわけではありません。

そのため、我々がリスニングを理解できない最たる原因は『早い』ということにあるのです。しかしその『早い』とは一体どういう意味でしょうか?彼らは早口言葉でも話しているのでしょうか?

『早い』とは『我々の脳には彼らの会話が早く感じる』ということです。つまり、我々がその会話内容をとらえる前にさっさと次に進んで行ってしまうため、我々の意識がどんどん置き去りにされていってしまうのです。

試しに、教師でも友人でもいいのですが、単語を一つ一つ区切って発音してもらったら、英語のリスニングはそんなに難しいものではありません。

つまり、目から(リーディング)でも耳から(リスニング)からでもよいので『英語を早く理解する』脳を作っておくことによって、リスニングは簡単にできるようになるのです。

ニューロンの働きは未だに解明されていません

ニューロンの働きは未だに解明されていません

速くリーディング出来るようにするためには

そうすると、ここからは少しリーディングのこつのようなものになってしまいますが、私は、文法的な勉強を抜きにしたら、ひたすら英語の長文を声に出して読み続けるやり方をお勧めします。

これは、もちろん文章の意味をしっかり理解しながら読むことも大事ですが、極力その文章を読んでいる人に感情移入して読んだらよいでしょう(ニュースのようなものならアナウンサーの気持ちになってよんでもいいです)。

これを3ヵ月もおこなっているうちに、脳の方で自然と『この動詞の次にはこの単語かくる』と、英語の構造を理解するようになってくれます。

何度も構造を意識して英文を読むうちに、大体『この単語』を使った後にはどんな言葉がくる、ということがルールとして身についてきます。

今回まとめたこととは別に、リスニングにあたっては耳をなれさせたり、TOEICに当たってはまた『主要な言葉を抜き出す』といったテクニックが必要になるのですが、とりあえずリスニングの根底を理解するためには今回のテクニックが理想です。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ