なぜ日本人は英語が話せない!?外国人からみた日本の教育システムの問題

日本人は英語ができない。これは恐らくどの国も人も感じていることでしょう。実際に、TOEICやTOEFLの平均点を見ると、日本人の点数は世界でも下位のほうです。

もちろん、日本ではみんなが受験するので、北朝鮮や発展途上国のように、一部のエリートしかこうしたテストを受けない国と一緒に推し量ることはできない、という意見がよく聞かれますが、それでもやはり国際的に見て、日本人の英語力が低いことは理解しておく必要があります。

スポンサーリンク


日本人の英語力はどうして低いのか

もし今後、我々が英語力を高めたいと考えるのなら、まずはその原因を追究しておくことも必要です。例えば、遺伝子やその他先天的要因によって、我々は英語を理解できないようにプログラムされているのでしょうか?

それとも、単に我々の勉強不足なのでしょうか?それとも、何か他の原因があるのでしょうか?とある日本のことを扱った英文の記事に『なぜ日本人はそんなに英語を話せないのか?(Why are Japanese so bad at English?)』というものがありましたので、少し読んでみましょう。

Everyone knows Japanese people aren’t exactly Masters of the Universe when it comes to speaking English, despite receiving six years of English education. Six years? Are you kidding? You could build yourself a Great Pyramid in less time. I’m pretty sure. Just chop up some limestone and stack it up. Probably take you a couple of years at best.

『こと英語のことに目を向けると、日本人はなんでも知っているわけではない、ということに誰もが気付くであろう。彼らは6年間も英語を勉強しているのだ。6年間?おいおい、からかっているのかい?6年間あれば一人でピラミッドだって作れそうなものだぞ。確かに、いくつかの石を細切れにして、積んでいけばいいのだ。多分2、3年程度でできるだろう。』

まあ、要するにジョーク交じりにバカにされているわけです。長くなってしまうのですべては訳しませんが、ここの記事の中では、日本人が英語を話せないわけは、語彙の問題でもないし、文法の構造の問題でもないと紹介されています。

勿論、先天的な要因などについてははなから触れられていませんし、そんなものが外国語の習得の要因になりうるわけがないのです。

So many English words have entered the Japanese vocabulary that even the crustiest old dude with a plow can cobble together enough of a sentence to get his point across. For younger people, the breadth of vocabulary is astonishing. By graduation, every high school kid knows a couple thousand English (or English-esque) words, easily enough to hold a conversation. Give them a vocabulary test and they’d pass it. So why can’t they speak?

『日本にはたくさんの和製英語が導入されている。勿論、スマートな表現をするのには適していないが、少なくともそれらは、拙いながらも繋ぎ合わせて自身の伝えたい要点をまとめるには十分なはずだ。卒業までに、殆どの日本の高校生は、少なくとも2~3000の英語のボキャブラリーを知っているし、それは会話を行うには十分なはずだ。多分、ボキャブラリーのテストを行えば、彼らは楽勝だろう。じゃあ、なんで彼らは英語が話せないのだ??』

この辺の、文法やボキャブラリーの問題についてはすでに何回か私も述べています。こうした問題は、英会話を行うに当たって、そこまで我々に問題にはなりません。というか、中高の6年間の英語教育において、我々は十分に文法を勉強してきているのです。

それでは、一体全体どうして我々は英語が話せないのでしょうか?その理由に関して、同サイトでいくつか理由がまとめられています。

授業が不足している!(Inadequate reinforcement of the lessons)

確かにゆとり教育と言われる世代において、英語だけでなく全ての科目における勉強時間が削られましたが、果たしてそこまで不足しているものでしょうか。

It’s not that the grammar-translation method doesn’t work, it’s that it’s not backed up by something more. School students get a lesson once a week if they’re lucky, for less than an hour. That lesson explains grammar and introduces vocabulary. And then . . . whooosh, you might as well send them to Siberia. Japanese kids have tons of words and a smattering of grammar, but no examples of how to use the stuff in action. They need reinforcement: real-world materials showing the variety of ways in which words are actually used. There’s no reading program, no opportunities for conversation or presentation, no schedule for watching movies. The grammar explanation isn’t the problem. It’s that it isn’t rounded out with further study.

『日本人の英語力が拙い根本的な原因は文法構造の違いではなく、別の要因がある。学校の生徒たちは、一週間に一度でも授業を受けられれば良い方なのだ。極端な場合、1時間だってこともある。そして、この授業の中では文法とボキャブラリーだけが教えられる。おお、これはシベリアに送ったほうがまだマシだ!日本の子供たちはたくさんの語句と生半可な文法を教えられるが、実際にこれをどうやって使ったらよいのかを教わるわけではないのだ。要するに、彼らには「鍛錬」が必要なのだ。実際の世界に出て英語を使う事こそが、実際にどのように語句や文法を使ったらよいかを教えてくれるのだ。彼らには、リーディングのプログラムも無いし、英語で会話やプレゼンを行うチャンスもないし、映画を見るようなカリキュラムも無い。文法が悪いのではない。更なる鍛錬を積まないことが問題なのだ。』

ここで言われている『週に1時間』はさすがに少し言いすぎですが、確かに我々は週に2~3時間のカリキュラム程度しか組まれることはありません。このほかに塾に行くことなども考えればその時間数は増えますが、ここで言われているのはこうした『絶対的な勉強時間』ではなく『与えられた材料を組み立てる』時間のことです。

記事の最初のところで筆者が『6年もあればピラミッドだってつくれるぜ!』と言っていましたが、英語の勉強は少しそれに似ています。我々の英語の勉強は『ボキャブラリー』と『文法』という、いわばピラミッドにおける『材料(石)』を与えられたような状況です。

すなわち、こうした材料を用いて、どのように建物を作って行ったらいいのか、というところに関しては不足している、とこの外国の筆者は指摘しています。そのためには我々は『実践』を積んでいく必要があるのですが、その環境が日本には無いのです。

以前、多言語を最低限話せるようになるために要する時間について述べましたが、どんなに難しい言語(ロシア、アラビア語)でも、おおよそ600時間あればなんとなく話せるようになります。

英語は、それらの言語よりは少なからず簡単ですし、すでに中高と6年間、受験勉強や大学での勉強も含めると、それらを超過しているような人も少なくないかもしれません。もし、それ以上の時間勉強しているにもかかわらず、英語が話せないというのは、能力の問題ではなく、単に『材料だけたくさん手元にあるが、使えない』という状況なのです。

ですので、以下に『スピーキング』『ライティング』といったアウトプットの勉強もバランスよくやるかが重要かと、お分かりいただけるかと思います。

次回は、我々の英語能力を阻害している別の要因について紹介していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ