日本人の落とし穴:英語の難しい表現を使うのは極力避けるようにしよう

英語でのコミュニケーションとはいえ、それはあくまで『コミュニケーション』であることに変わりはありません。目的は『我々の考えを相手に伝え』かつ『相手の考えを理解する』ということです。

そのため、相互に理解度の隔たりがあってはいけません。今回は、日本人が陥りがちな『難しい単語を使いたがる』ことに関してまとめていきます。

スポンサーリンク

コミュニケーションで難しい言葉を使うことは極力避けよう

アカデミックな文書ならともかく、日本でさえも極力難解な単語や、相手が良くわからなそうな単語、あるいは表現を使うことは好ましくないとされています。

『部長!喫緊のお電話です』とか『ちょうどさっき小学生の時の同級生に邂逅しちゃって』なんて表現は普通であれば使わないはずです。過剰に人が知らなそうな表現(横文字もそうですが)を使いたがる人は時には、煙たがられる原因にもなります。

こうした例は英語でも同じで、例えばよくありがちなのが『難しい表現を覚えた』からといってそれらを他の外国人(特に非ネイティブ)の前でこれ見よがしに使おうとする人が時たま見かけられます。

上述しましたが、コミュニケーションの目的は『自身の考えを相手に分からせる』ことですので、決して自身の知識をひけらかす目的ではありません。

以前なにかの本で読みましたが『戦場で名将と呼ばれる人は、一兵卒にも分かりやすく作戦を説明できる人』のことだそうです。難しいことを難しい言葉で説明できるのは誰にでもできますので、問題は、いかに平易な単語や概念でもって、相手に説明できるのか、ということです。

日本人の問題:固い英語と日常表現

さて、こうした問題を鑑みるに、日本人の英語表現における問題の一つは、しばしば『堅苦しい』英語を、決して悪気はなくても使ってしまうことです。

例えば、以下の表現を少し見てみましょう。

I have just been to Narita Airport to see him off.

『彼を成田まで見送りに行ってきました』

『see off』は『~を見送る』という熟語として私はイディオムの本か何かで読んだ覚えがあります。これをこのまえ、フランス人とオランダ人の友人の前で話したところ、フランス人のほうから『see off』なんて聞いたことない、と言われました。

もう一人のオランダ人の友人曰く「『see off』は文法的には間違っていないが、若干堅苦しい表現だよ。『say goodbye』程度でいいんじゃないかな」とのことです。

この場にネイティブが居たわけではないので、正しい表現はどちらか分かりませんが、問題なのは英語のレベルには当然、人によってばらつきがあるため、こうした複数人と話をするときには、最大公約数として、万人に分かりやすい英語を使う必要があるということです。

また、以前も『社会言語学』としての英語の項でまとめましたが、我々の日本語を100パーセントの精度で英語に翻訳することは絶対に不可能です。そのため、どんな表現にも差異が生じてしまうことを念頭にいれておきましょう。

この『社会言語学的』要因は、ある意味ボディランゲージの混同よりも根が深いものかもしれません。我々は共通の言語を話しているのにもかかわらず、相手と自分とでは、受け取るものが全く異なってしまうのです。

異文化コミュニケーション力とは、分かりやすい英語を話せると言うことである

相手がネイティブであれば、こちらの言った英語が固かろうが、スラングだろうが、おおよその理解を示してくれますが、相手の外国人が非ネイティブであって、かつ相手の英語力が未知数で会った場合は、少し身構える必要があります。

日本人の中では『外国人はみんな英語がペラペラだ』という幻想を抱いている人もいますが、決してそんなわけではありません。国民全体がペラペラなのはネイティブと一部の国と地域だけです。ドイツ人も、フランス人も、タイ人も中国人も、当然英語が話せない人もいますし話せる人もいます。

もっとも、我々と彼らとの違いは、基本的に我々よりも多くの英語を読むよりも話すように心がけていますので、英語のスピーキングに関しては、文法的に正しいのかどうかは別として、比較的話せる人が多い、というだけのことです。

むしろ、高校の時に習うようなイディオム表現や熟語、一部の語彙については、私が知っていてフランス人が知らない、というケースも何回かありました。具体的な指標を見たわけではないので断言できませんが、恐らく文法のみのテストを行ったら、日本人の点数は世界でも比較的高い方なのではないでしょうか。

分かりやすい英語を話すためにこころがけること

単語もそうですが、一番英語を話すときに注意した方がいいのが『無理に早口で話そうとする癖』を矯正することです。

ペラペラな人は大抵英語を早口で話すので、自分もその真似をしてみよう!という間違った考えで、時々英語を早口で話す人がいますが、発音が良いならともかく、発音が下手なのに早口で話すと、他の人たちは何を言っているのかさっぱりわかりません。

それよりは、ゆっくりでもいいので、はっきりと、大きな声で話すように努めましょう。これだけで、今まで英語を早口でぼそぼそ話していた人の英語の理解度は随分と改善します。

難しいのが、はっきり発音するといっても、一語一語を区切って発音しろ、というわけでは分かりません。英語の発音の多くは、前の単語と後の単語とが組み合わされていることが多いので『アイ アム フロム ジャパン』なんて形で区切ると、ますますわけの分からない英語になります。

この『はっきりとした英語』のお手本が、BBCのような英語学習者向けの英語のラジオです。テレビ番組やドラマ、映画の中の英語よりもはっきり、文法にのっとったキレイな英語を話してくれているため、隔てなくどんな人でもBBCの英語は分かりやすいと思います。

また、ラジオの中に出て来る言い回しも、難解過ぎず英語学習者に適した語彙が多いので、こうしたラジオを繰り返し聴いて、スクリプトを見ながら発音を真似ていると、それだけで他の外国人にも分かりやすいような英語になります。

繰り返しますが、英語でのコミュニケーションの目的は、自身の英語力をひけらかす事でも、相手を打ち負かすことでもありません。お互いに気持ちのよいコミュニケーションをはかるためにも、共通の語学知識と発音を身に着けるように心がけましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ