英語のリーディングに最適。東京で洋書を売っているお薦めの本屋

Books
インターネットが便利な世の中になり、電子書籍なども少しずつ普及しています。Amazonで注文すれば翌日には商品が届きますし、今やわざわざ書店に行って本を選ぶ必要もありません。

とはいえ、やはり書店の雰囲気は独特で、実際に中身を見たり、カバーの雰囲気などで購入する本を決める方もまだ多くいられるのではないでしょうか。今回は、東京で洋書を探す方法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

東京で洋書を探そう

私も、本は実際に本屋や古本屋に行って、目で見て購入したい派です。洋書に関しても同様に、アマゾンでぽちっと購入するよりは、多少非効率でも足で周って買いたいと思っています。

昨今、ただでさえ書店の数が減っている中で、洋書を販売している本屋を探すのは中々困難です。例えば、恵比寿のアトレ内の巨大ブックショップ、有隣堂なども洋書を取り扱っていますが、それでもほんの一区画だけで、好みの本が見つかるかどうかは厳しいかもしれません。

また、大学の生協などにも学生向けの洋書が置いてありますが、どちらかと言えば、学生が英語学習向けに読む、若干アレンジされたものですので、実際の洋書の雰囲気を楽しむには少し物足りないかもしれません。

それでも、やはり探せば東京近郊にもまだ洋書を取り扱っている店は若干ながら残されています。今回は、そうした洋書屋さんを紹介していきましょう。

1. Good Day Books(五反田)

五反田にある洋書の古本屋です。古本屋ですが、新品も扱っており、また英会話授業や、日本では珍しいGMAT(大学院入学向けの試験)の授業なども行っている、一風変わった古本屋です。

Good Day Books

Good Day Books

Good Day Books is the largest used English-language bookshop in Japan, with thousands of new, used, hard-to-find, and rare English titles in stock. Our bookshop sells, trades, and buys used English-language books, and also sells new English-language books. Good Day Books is conveniently located a stone’s throw from the tracks of the JR Yamanote Line, a few minutes’ walk from Gotanda Station on the JR Yamanote, Tokyu Ikegami, and Toei Asakusa Lines. For detailed walking directions to Good Day Books from Gotanda Station, left-click on the “Directions” link in the upper left-hand corner of this page, just below our contact information.

『Good Day Booksは日本最大、中古の洋書専門店です。店内には、新品、中古品、および、入手困難な英語の本を豊富にお取扱いしております。古本および新品の洋書の、販売、取引、そして買取りを承っています。Good Day booksは、山手線沿線の近く、五反田駅から徒歩数分程度のアクセスです。地図の詳細は、ホームページをご参照ください。』

ちなみに『stone’s throw』で~の近くというイディオムです。山手線沿ですので、アクセスには非常に便利ですし、品ぞろえも豊富です。聞けば、自分のレベルにあったお薦めの洋書とかも教えてくれます。また、下記のように、書斎アレンジサービスも承っているとか。

Let us help you build an English library at your office, restaurant, culture school, or home. We offer a wide selection of English books well-suited to your needs, hand-picked by our well-educated, knowledgeable staff.

『貴方のオフィス、レストラン、カルチャースクール、そしてご自宅の洋書棚のアレンジはお任せください。貴方のニーズに即した洋書のセレクションを、我々の洗練されたスタッフが厳選してご提供いたします。』

種類は豊富ですが、いかんせん古書が専門なのでビンテージものが多いことと、ホテル街のビル内にあるので初見ではなんとなく気軽に立ち寄れない雰囲気があります。

2.八重洲ブックセンター(八重洲)

こちらは新品ですが、品ぞろえはさすが八重洲ブックセンターです。7階部分に洋書コーナーが一部付設されており、科学、人文、哲学など、コアなものまで置いてあります。

また、この八重洲ブックセンター、日本でも最大規模の書店で、語学書の数もかなり豊富です。他の書店で探してないような参考書や医学書なども、ここであれば見つかることも少なくありません。

八重洲ブックセンター

八重洲ブックセンター

ちなみに、2015年6月30日まで洋書セールをやっており、30%値引きになっています(一部商品除く)。この機会に、洋書に手を伸ばしてみてもよいのではないでしょうか。

3.Books Kinokuniya Tokyo(代々木・新宿)

代々木と新宿の間辺りにある、紀伊国屋書店の6階には、日本最大の洋書店があります。英語だけではなく、フランス語、ドイツ語などもそろえており、洋書を取り扱っている日本の本屋では一番おすすめです。

紀伊国屋書店

紀伊国屋書店

このように、インターネットから入るとお薦めの洋書もピックアップされており、ウェブ注文も可能です。また、開店は2014年5月とまだ真新しく、立地的にもお洒落な雰囲気が楽しめます。

どんな洋書を読めばよいのか

洋書は、難易度が高いです。言い回し、語彙、文法など、TOEICの英語とはてんで比較になりません。ですので、勢いあまって洋書を買ってしまったはいいが、一日1ページも進まずに、あっという間にお蔵入りになる、ということも多いです。

それでも、洋書を一冊読み終えれば、読解力においてはかなりスキルアップになりますし、また自信にもつながります。そのため、やはりお薦めなのは『自分の興味のある分野』の洋書から始めることでしょう。

文学に興味があるのであれば米英文学から、経済であればノーベル受賞者のエッセイなどから、宇宙や科学に興味があるのであれば、そういった類の本から、とうわけです。自分の興味のある分野であれば、多少の背景知識があると思いますので、たとえ分からない語彙などに遭遇しても、前後の雰囲気からなんとなく読み進められるのではないでしょうか。

やはり、洋書とはいえ、読んでいる最中になんども辞書を引いたりすると、読む気が失せますし、面白くもありません。ただ、最初のうち慣れない単語が多かったとしても、読み進めて、何度も同じ単語に遭遇するうちに、自然とその単語が自分のものになっていき、語彙力も高まっていきます。

これも、一貫してお伝えしていることですが、やはり、面倒でも、三日坊主になりがちでも、一日少しずつでもよいので、コツコツ読み進めているうちに、自然と読むペースも早くなってきますので、諦めずに、最後まで読了してみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ